最新の投稿

サーフィンで20キロの激痩せ! を描いたPR動画。宮崎県日向市の「サーフィン」でまちおこし

sub5

宮崎県日向市は知る人ぞ知るサーフィンのメッカ。過去には世界大会の開催などもされる小倉ヶ浜を有し、海外や日本各地からサーファーが訪れています。日向市のサーフィンを用いた新しいPR動画が公開され、話題をよんでいます。 体重99.8キロのネットサーファーがリアルサーファーへ 宮崎県日 …

詳しくはこちら

地域で稼ぐ「教科書」をクラウドファンディングで制作。事例に学ぶ、効果と成功のポイント

dsc08264-2

資源を活かし、地域にビジネスをつくる。 地方創生。全国で「地域を活性化したい、地元をもっと盛り上げたい。」と考える人が増えている中、多くの人が次のような課題を抱えています。 □情報発信ができていない □特産品が売れていない そんな現場の声を聞き、現状を変えるべくクラウドファンディ …

詳しくはこちら

横手市の事例に学ぶ!手に取られる観光ガイドマップの3つのポイント

05

地方創生の促進や、インバウンド観光客の増加により、日本各地で「観光」への注力が行われています。 空港や駅をはじめ、観光案内所には数多くの観光ガイドマップが置かれ、観光客にアピールし、一人でも多くの方に現地に足を運んでいただこうと工夫を凝らしています。 課題となるのは、手に取られる …

詳しくはこちら

千利休があぐらをかいた姿で描かれている驚きの理由とは!?

sen_no_rikyu_jpn

安土桃山時代の茶人、千利休は「茶聖」と讃えられる利休流茶道の祖。 織田信長、豊臣秀吉の茶頭として仕えたことに加え、当時の煌びやかな茶道とは対をなす「侘び」を取り入れた「侘び茶」を大成したことでも知られている人物です。一度は目にしたことのある彼の有名な肖像画はあぐらをかいています。 …

詳しくはこちら

日本初の藩校「岡山藩学校」。 “組織づくりよりも人づくり” 藩主・池田光政の想いとは?

shutterstock_172528205

岡山城 2019年に設立350周年を迎える「岡山藩学校」。江戸時代を通じて設置された数は実に200以上にのぼり、江戸時代後期にはほとんどの藩でこの藩校が設立されています。これらの先駆けとなった岡山藩学校についてまとめてみました。 日本初の藩校。「岡山藩学校」設立への思い 日本初の …

詳しくはこちら