高知県

もう一度住みたい、高知の魅力

自分を育ててくれた、大切な地域。 人にとって大切な地域は、故郷だけではないはず。 進学や就職、転勤、転職などで数年住んだだけでも、その場所はその人にとって大切な地域になり得ます。 MACHI LOG メンバーの岡田拓也さんは、大学時代の4年間を高知県で過ごしました。 岡田さんは、 …

詳しくはこちら

高知県が生産量日本一の “柚子”。幕末の志士「中岡慎太郎」との関係って?

高知県は柚子 (ゆず) の生産日本一を誇る県。全国シェアの半分を占めるという高知県の柚子づくりには坂本龍馬と共に薩長同盟を実現させ、龍馬とともに暗殺された中岡慎太郎が関わっていたと言われています。 県内有数の柚子の生産地。「北川村」から始まった柚子づくり 高知県の中でも有数の柚子 …

詳しくはこちら

「地域で挑戦する人が集まる場をつくる」ディレクター岡田が語る、MACHI LOGへの想い

「地域の魅力を見える化」することを使命として掲げ、地域と共にブランドづくりや人財づくりに取り組む「MACHI LOG」。 プロジェクトメンバーの1人として、地域のヒト・モノ・コトを取材し、地域で頑張っている人の「生き様・想い・知恵」を伝えているのが、ディレクター・ライターの岡田拓 …

詳しくはこちら

今年で天然記念物80周年の「柴犬」は人気No.1!? 他にもこんな犬がいる天然記念物指定の日本犬

日本犬として馴染みの深い柴犬は、1936年に天然記念物指定を受け今年で80年を迎えています。日本犬として天然記念物指定を受けている犬たちについてまとめました。 今では海外での登録数の方が多い「秋田犬」 秋田犬が天然記念物に指定されたのは1931年。現在までに天然記念物指定されてい …

詳しくはこちら

「ふるさと高知県の3つの魅力」MACHI LOGライター岡田拓也が語る

熱い人が集まる田舎、高知。 「高知県は、四国の南側に位置し、限界集落という言葉が生まれた場所。いわゆる田舎のイメージに合う所です。」と伝えてくれたのは、高知県出身の MACHI LOG ライター 岡田拓也さんです。 全国的にも、坂本龍馬やよさこい祭りの印象が強い高知県ですが、熱い …

詳しくはこちら

NPOの資金課題をクラウドファンディングで解決。事例に学ぶ、効果と成功のポイント

地域のための活動にも、お金がかかる。 地域のための活動やNPOを運営される中で、課題として挙げられる「資金」の問題。「高い熱量で活動を続けようと思っても、運営資金が不足して持ち出しになってしまう。」という悩みをクラウドファンディングで解決した事例があります。 誰でも気軽に参加でき …

詳しくはこちら

いまの都道府県名から分かる!? 明治維新で幕府側についた藩とそうでない藩

日本の歴史で必ず出てくる「廃藩置県」。明治政府が江戸幕府以来あった「藩」を廃止し、新たに府県を置いたことを指した言葉です。廃藩置県の意外な歴史についてまとめてみました。 最初は3府302県あった日本 廃藩置県が行われたのは1871年 (明治4年) 。 その2年前には藩が有していた …

詳しくはこちら

総額500万円、クラウドファンディングを成功させ続ける・岡田拓也氏

クラウドファンディングで、地域と人を繋ぐ。 インターネットを通じて、様々な商品開発や地域のプロジェクトを支援できる方法として、近年注目が集まっているクラウドファンディング。多くの場合、設定期日の中で目標金額を達成できないと支援金が挑戦者に届かないという方式を採用しています。 そん …

詳しくはこちら

高知県民はハロウィンがお好き!? ハロウィンを楽しむ都道府県はどこ?

サッポーロビールでおなじみのサッポロホールディングスが約1万人に対して行ったハロウィンのアンケート結果に今時のハロウィンの楽しみ方と都道府県別のデータがまとめられています。 家族で楽しむハロウィンが主流 調査では20歳以上の男女約1万人にアンケートを実施。 パーティーなどで盛り上 …

詳しくはこちら

コーヒーが好きな県民は!? 喫茶店の数が多い都道府県は東京VS大阪どっち

10月1日は「コーヒーの日」。日本人が1週間に消費するコーヒー量は平均で11杯ほどという結果があるそうです。今回はコーヒーと喫茶店ついてまとめてみました。 日本人のコーヒー消費量は多い? 少ない!? 全日本コーヒー協会がまとめた統計 (2014年度) によると、日本人が1年間で消 …

詳しくはこちら