岐阜県

2017年に登録を目指す「世界記憶遺産」は!? 世界に残したい日本の記憶

世界遺産で有名なユネスコが行う「世界記憶遺産」(世界の記憶) 事業。日本ではあまり知られていない!? 日本の「世界記憶遺産」についてまとめてみました。 「フランス人権宣言」「アンネの日記」なども登録。ユネスコ世界記憶遺産 ユネスコの世界記憶遺産事業は2年に1度、審査を経て登録がな …

詳しくはこちら

ふるさと納税の返礼品に「日本刀」。伝統技能を未来へつなぐ手助けにも

刀鍛冶の歴史で有名な岐阜県関市では11月8日を “イイハ” で「刃物の日」としています。この日には全国から集められた使い古されたり使えなくなった刃物約3万5千本が供養される行事・刃物供養祭も開催されています。 折れず、曲がらず、よく切れる関の刀 関市に刀鍛 …

詳しくはこちら

平成28年度 “住民サービス度” で評価された6つの「道の駅」。多様化する道の駅の役割

今年の10月には更に14箇所が追加され、1,107箇所に増えた「道の駅」。道の駅にはその機能に応じて「重点 道の駅」や「全国モデル 道の駅」が選定されていますが、平成28年度の「特定テーマ型モデル」として6駅が新たに選定されました。 関連記事:全国に1093カ所ある「道の駅」。道 …

詳しくはこちら

歴史や伝統のあるまちを未来へ残す「歴史まちづくり法」。認定都市が多い都道府県はどこ?

10月3日に静岡県三島市、新潟県村上市、和歌山県広川町の3市町の「歴史的風致維持向上計画」が国から認定を受けます。歴史や伝統のあるまちを未来へと残すための「歴史まちづくり法」と認定都市についてまとめてみました。 平成20年に施行。「歴史まちづくり法」 「歴史まちづくり法」とは、歴 …

詳しくはこちら

街のスーパーの挑戦!飛騨高山に新しいものづくり空間「フレッシュラボ」がオープン!

国内有数の観光地として、国内はもとより海外からも観光客が訪れる飛騨高山。 しかし当たり前ですが、高山にも人々の「暮らし」があります。 高山で暮らす人々に向けて、高山に拠点を構える地域密着のスーパーの新しい試みが始まりました。 フレッシュラボ高山から、豊かな食卓を オープンしたのは …

詳しくはこちら

「本能寺の変」のその後。織田信長の死後、子供たちの行く末は

本能寺 Attila JANDI / Shutterstock.com 歴史的な人物として重要なポジションに君臨する織田信長。 彼の生涯は広く知れ渡っていますが、意外にその子どもたちの生涯が明らかにされることはあまりありません。 そんな信長の子どもたちについてまとめてみました。 …

詳しくはこちら

日本の近代化に失望? 戦争を経て25年越しに来日した親日家チャップリンの言葉

Bokic Bojan / Shutterstock.com チャールズ・チャップリンといえば喜劇王として世界的に知られた人物。彼の傍で秘書をつとめた人物が日本人であったことから親日家であったことも知られています。 来日前から日本に興味津々であったチャップリン チャップリンはイギ …

詳しくはこちら

春に草花で癒されよう!岐阜県に来たら行きたいお花スポット3選

岐阜県といえば飛騨・高山が有名ですが、それ以外にも自然あふれる場所が多く、春の時期には行くのがおすすめ。 花が美しく咲き乱れることから、春には様々なセレモニーや花にちなんだお祭りがおこなわれています。 お花を楽しめるスポット3選 春に岐阜県のお花を楽しめるスポットを3選をご紹介し …

詳しくはこちら

「ご無礼します。」「ござる。」武士みたいな言葉が今でも残る県

時代劇を見ていると出てくることもある「武家言葉」。昔と変わらず今でも使われている県があります。 仕事終わりに「ご無礼します」お風呂あがりにも「ご無礼します」 “失礼します” の意味で使われる「ご無礼します」という言い回しは、名古屋弁や岐阜弁、熊本弁において …

詳しくはこちら

「グッとくる飛騨 -あなたの移住プロジェクト-」が始動。移住あるあるは “エンドレスきゅうり”!?

画像出典:スクリーンショット画像 グッとくる飛騨 移住 飛騨地域創生連携協議会が行う、移住促進プロジェクト「グッとくる飛騨-あなたの移住プロジェクト-」が始動し、Webサイトが公開されました。注目は「飛騨移住あるある」! 飛騨地域への移住を案内「グッとくる飛騨」Webサイト こち …

詳しくはこちら