岡山県

日本初の藩校「岡山藩学校」。 “組織づくりよりも人づくり” 藩主・池田光政の想いとは?

岡山城 2019年に設立350周年を迎える「岡山藩学校」。江戸時代を通じて設置された数は実に200以上にのぼり、江戸時代後期にはほとんどの藩でこの藩校が設立されています。これらの先駆けとなった岡山藩学校についてまとめてみました。 日本初の藩校。「岡山藩学校」設立への思い 日本初の …

詳しくはこちら

「一生ものの家具を受け継ぐ」場所。西粟倉の木工房ようび日用品店

ローカルベンチャーの集積地として知られる岡山県西粟倉村。 注目されるローカルベンチャーの一社に、「木工房ようび」があります。 岡山県北のヒノキを使い、家具を作り、届ける集団です。 西粟倉のひのきを使って家具を作る 木工房ようびは、「やがて風景になるものづくり」をスローガンに …

詳しくはこちら

平成28年度 “住民サービス度” で評価された6つの「道の駅」。多様化する道の駅の役割

今年の10月には更に14箇所が追加され、1,107箇所に増えた「道の駅」。道の駅にはその機能に応じて「重点 道の駅」や「全国モデル 道の駅」が選定されていますが、平成28年度の「特定テーマ型モデル」として6駅が新たに選定されました。 関連記事:全国に1093カ所ある「道の駅」。道 …

詳しくはこちら

「脱まちづくり」が地域ビジネスを前進させる!西粟倉森の学校の井上達哉氏 x 齋藤潤一氏

ローカルベンチャーの集積地として知られる岡山県西粟倉村。 各種メディアでこぞって取り上げられるなど、今最注目の地域のひとつです。 そのムーブメントの中心のひとつが、「株式会社西粟倉森の学校」です。 森の学校は、木材を利用した商品開発、木材流通を担う西粟倉の材木屋のような存在です。 …

詳しくはこちら

【蒜山を支える3つの白】蒜山大根なんで美味しいの?

蒜山には3つの”白”、3白(さんぱく)と呼ばれる産業がある。 その産業とは、牛乳の白、お米の白、大根の白の白い農産物の色をとって3白と呼ばれている。 昔から3つ白い農産物が蒜山を支えてきた産業だったのだ。 そのうちの一つ大根。この大根は「蒜山大根」のブランドで知られている。 なん …

詳しくはこちら

「蒜山に来て釣りしようぜ!!」手つかずの自然が残る蒜山の3つの魅力聞いてみた

地元の人が語る蒜山の魅力、今回は蒜山に移住した方に話を伺った。 小さい頃から遊びに来ていて奈良県から岡山県蒜山に移住した、川戸浩之さん。 現在はログペンション「森の散歩」を運営しながら蒜山の生活を楽しんでいる。 川戸さんが移住する10年程前からご両親が移住をしていて、何回か遊びに …

詳しくはこちら

加工技術は日本一!岡山に根付く「い草」産業

畳やござに使われている「い草」、い草製品は古くから日本家屋の重要な要素であり、日本人にとって身近なものです。 岡山県ではい草産業が古くから発達しており、今も日本一の加工技術を誇っているということはご存知でしょうか。 熟練された職人の技により、岡山ではい草を使用した様々な工芸品が現 …

詳しくはこちら

蒜山で一番好きな場所で働く。蒜山の3つの魅力を聞いてみた。

蒜山生まれの、蒜山育ち大学を卒業して、一度は蒜山を出て大阪へ。 2年後の23歳の時にUターンしてきた、あの頃から好きな蒜山。 現在は、蒜山の観光スポット「蒜山ハーブガーデン」の施設長を務める小谷幸正さんから、生まれ故郷の蒜山の人に伝えたい魅力を聞いた。 蒜山の3つの魅力 1,お店 …

詳しくはこちら

マスキングテープの有名メーカーが岡山にあるって知ってた?

マスキングテープは、もともとは建築などの作業時に、塗装の作業箇所以外を汚さないように養生に使うのが大半の使い方として広まっていきました、 また美術の分野などでもよく利用されていました。 女性に人気のマスキングテープ そんなマスキングテープは、近年になるとカラフルでキレイな柄のマス …

詳しくはこちら

岡山県が世界に誇る産業「帆布」。その歴史と現在とは?

帆布とは、綿や麻などで作られたぶ厚い平織りの織物です。 耐久性や通気性に富んでいるので、化学繊維の時代になるまでは、さまざまな目的に使われてきました。 最初はごわごわしていますが、長く使い続けるうちに、独特の味わいが生まれてきます。 帆布の産地、倉敷市 岡山県倉敷市は、もともと綿 …

詳しくはこちら