茨城県のほしいも学校が創る新しいほし芋の未来

スタートをきった「ほしいも学校」プロジェクト。もっと多くの人を巻き込み、大きな渦を起こすための仕組みづくりに奔走する日々のようだ。今後のプロジェクトの展望、そして、まだ「ほしいもを手にしたことが無い人たちこそ、ほしいもの未来をにぎっている。」という、その真意をさぐった。


ほしいも学校の仕組み

本の作成と同時に、ほしいも学校を事業として取り組むため、仕組みづくりをはじめる。検討の結果、有限事業責任組合(LLP)という形態で活動を開始することになった。

これまでほしいもには特にグレードは設けられておらず、どれもこれも同じ品質として扱われてきた。これを優、秀の二種類に分け、更に「ほしいも学校」の名を冠して売られているほしいもは、「優」グレードと格付けされたほしいもだけと決めた。

ほしいも学校有限事業責任組合が「ほしいも学校」のパッケージを各ほしいも商店に販売し、パッケージ利用料を有限事業責任組合の運営費に当てる、という仕組みだ。

ここでは「ほしいも学校」というパッケージでほしいもが売れることがすべての目的ではない。「ほしいも学校」がきっかけとなり、ほしいもという存在に目を向けてほしい、食べてほしい、というきっかけを「ほしいも学校」で作り出す、というわけだ。

ほしいも学校の取り組み自体は、本が完成した2010年9月以降、佐藤卓さんを招いてのセミナーなどが始まったばかりだ。今後は、ワークショップやセミナー、講義、ほしいもレシピの募集、またほしいも作り体験など、ほしいもを知ってもらうためのさまざまな仕掛けを作っている最中だ。

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。