新撰組の幕引き。最後の局長、相馬主計(そうまかずえ)

MACHI LOG 編集部


MACHI LOG staff

IMG_4248

相馬主計という方ご存知でしょうか。彼は新撰組最後の局長となった人物です。彼の人生についてまとめてみました。

どんな人物?

現在の茨城県笠間市にあたる常陸国笠間藩で生まれ育つ。1865年に脱藩し、江戸幕府の歩兵徴募に応じた。

第二次長州征伐では三津浦(現在の愛媛県松山市)に駐屯。生年、没年いずれも不詳。

新撰組での活躍

1867年頃に新撰組に加入、翌年の鳥羽・伏見の戦いでは、入隊数ヶ月にも関わらず、隊長附50名の組頭に抜擢される。

1868年の甲陽鎮撫隊(甲州の反乱や暴動を収めるよう幕府に命じられた後の新撰組の名称)では局長付組頭に就任。

流山にて新撰組局長近藤勇が投降した際、付き従っていた相馬も
逮捕されてしまい旧藩預けの身となるが脱走し仙台で新撰組へ合流、蝦夷地へ。土方歳三の配下として箱館戦争を戦う。

土方歳三の死から新撰組幕引きまで

1869年5月11日、土方歳三が凶弾に破れ戦死する。

箱館市内が新政府軍によって占領される中、弁天台場を守る相馬らは五稜郭本陣に先立ち5月15日新政府軍へ降伏。

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24