故郷が嫌いだった青年の想い | 東京都

MACHI LOG編集部


MACHI LOG staff

「クラウドファンディング」という言葉をご存知だろうか?
クラウドファンディングとは、不特定多数の人から資金を集める行為である(wikipedia)このクラウドファンディングで、インターネットを活用し、魅力的な地域づくりのための資金獲得支援をしているサービス「FAAVO」。なぜ「FAAVO」が生まれたのか?そして「FAAVO」の未来は?
「FAAVO」を運営する株式会社サーチフィールドの齋藤さんにお話を伺いました。

18歳まで宮崎が嫌いでした。

東京に出たい、とりあえず県外に出たかったです。大学進学を機に東京に行くときは、東京への羨望が7割で、あとの3割は、当時の状況へ反発したい気持ちだったと思います。

東京に出て大学を卒業後、営業に強いIT系の会社を経て、現在社長を務める当時の同僚を含め5人で、イラストなどの制作代理業を行う株式会社サーチフィールドという会社を設立しました。

私は、会社の組織作りを重要視しています。創業に参加した当初は、これまで働いてきた組織の良い所を組み込んで、自分が考える組織を作ってみたいという思いがありました。創業時は、コネもツテも何もないところから始めたので仕事が全然なく、自分達でイラストレーターや漫画家さんに営業をしたりもしていました。

3年目でモバイルゲームの隆盛にうまく対応できて、イラスト制作の受注が増えました。最近は、おかげさまで社員数も増え、継続的にイラスト制作の仕事を受注させて頂いています。

宮崎が好きになった理由


宮崎を好きになってきたのは、県外に出て宮崎を客観的に見るようになったことが大きいと思います。

それとともに、周囲の同県への評価も取り込んでいくことで、より一層その良さが見えてきました。

宮崎を出るまでは、「宮崎はどうせ田舎だから馬鹿にされるんだろうなあ」と思い込んでいました。しかし、実際には、宮崎のことを友達に話すと、「宮崎ってどんなところなの?」というように、興味を持ってもらえ、とても驚きました。これは、一度宮崎を出たからこそわかったことだと思います。

いつからか自分から積極的に故郷・宮崎の話をする事が好きになっていました。
故郷の話をする機会が増えることによって、自分の中で好きな気持ちがどんどん醸成されるような感覚は、あったかもしれません。

そして宮崎の事をもっともっと知りたい、多くの人に伝えたい、魅力的な街でいてほしいと思う気持ちが大きくなってきたのです。

FAAVOの誕生。
震災がきっかけで芽生えた家族への想い


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。
情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。