本来は入浴のときに身につけていた!? 日本の浴衣の歴史

shutterstock_313813409

夏になるとお祭りや花火大会で浴衣を着て楽しむ人をたくさん見かけます。

夏ならでは、のイメージがある浴衣。歴史の中でどのように変化してきたのか、浴衣が生まれた平安時代からこれまでをまとめてみました。

初めは入浴時に身につけるものだった

浴衣が生まれたのは平安時代と言われています。

入浴時に身につける肌着として使われていた「湯帷子(ゆかたびら)」これが浴衣の始まりなんだそうです。

ちなみにこの頃の入浴はサウナのようなスタイル。“体を清める”といった宗教的な意味合いが一般的で寺院などに設置されていたようです。

江戸時代に広がりをみせた浴衣

肌着から着物へ

室町時代の終わり頃に“単純に入浴を楽しむ”という目的で作られた「湯屋」(お風呂屋さん)が登場します。

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。