本来は入浴のときに身につけていた!? 日本の浴衣の歴史

MACHI LOG 編集部


MACHI LOG staff

shutterstock_313813409

夏になるとお祭りや花火大会で浴衣を着て楽しむ人をたくさん見かけます。

夏ならでは、のイメージがある浴衣。歴史の中でどのように変化してきたのか、浴衣が生まれた平安時代からこれまでをまとめてみました。

初めは入浴時に身につけるものだった

浴衣が生まれたのは平安時代と言われています。

入浴時に身につける肌着として使われていた「湯帷子(ゆかたびら)」これが浴衣の始まりなんだそうです。

ちなみにこの頃の入浴はサウナのようなスタイル。“体を清める”といった宗教的な意味合いが一般的で寺院などに設置されていたようです。

江戸時代に広がりをみせた浴衣

肌着から着物へ

室町時代の終わり頃に“単純に入浴を楽しむ”という目的で作られた「湯屋」(お風呂屋さん)が登場します。


PR for アグリビジネススクール
参加無料で、若手Uターン農家に学ぶ「稼ぐ農業」
人数限定の人気イベントを開催!

イベント詳細はこちら



最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

安心安全の食とおいしさを追求。アグリビジネススクールで学ぶ稼ぐ農業

2017.11.20

賞金総額500万円!茨城県北を舞台にしたビジネスプランコンペティションがスタート!

2017.11.17

働き方改革:弱いつながりで実現する地域づくり

2017.11.12