アートで地域活性化する理想と現実 | 岡山県

2

– 岡山市の南東の沖合、瀬戸内海に浮かぶ周囲約3.6kmの小さな島。犬島というその島は、明治から大正にかけて銅精錬所が操業し、多い時には4000人が生活した活気溢れる島でした。

しかし、銅精錬所の閉鎖と共に人口は減り、現在では平均年齢75歳、約50人だけが住む島となっています。そんな超過疎の島で2004年から毎年「犬島時間」という素晴しいアートプロジェクトが開催されています。

近年各所で、アートを介した地方の再生プロジェクトや、空き家・空き店舗を利用した過疎地域でのアートフェスティバルが行われていますが、そのムーブメントとは一線を画し、今年で10回目という息の長い活動を行ってる「犬島時間」の主宰者である写真家の青地大輔氏に、その「犬島時間」への想いを伺ってきました。

犬島との出会いは、偶然、写真に写り込んだ不思議な煙突

1

今から14年程前の事になりますが、当時鳥の写真をよく撮っていて、ある時海辺で鳶の写真を撮っていました。

そして、その中の写真に不思議な煙突が写り込んでいるのに気付きました。

後にそれは銅精錬所跡の煙突である事を知るのですが、とにかく当時その煙突に興味を惹かれたのが犬島を知るきっかけとなりました。知人にその犬島の話を少し聞いて、すぐに島に渡りました。その姿に魅せられ、銅精錬所跡の廃墟を撮影しに半年程島に通っていました。

そしてふと、この製錬所が動いていた当時の事を知っている人がひょっとしたら居るんじゃないかと気になって、島の家々を一件ずつ回り始めました。
若い人なんて一人もいない島ですし、外からも釣り人がたまに来るぐらいですし、始めは本当に不審者扱いでした。

それでも、島に通ううちに100年前に精錬所が動いていた頃の事を知る事が出来、そして100年の間に島が激変した事を知りました。
そんな話を聞くうちに島の人達と多く触れ合い、始めに興味を持った精錬所以上に、その島自体に興味を持つ様になりました。

島に長く通う様になって、その島の事がどんどん好きになっていき、その場所で作品を制作したい、そして多くの人に犬島の素晴しさを伝えたいと思う様になりました。

アートに興味が無い人が島に来る理由

3

そんな島に通い出した頃、一つ別に考えている事がありました。自分自身、写真家としても活動していますが、アーティストって自分本位な人が多い様に思います。

その作品がどんな風に見られようが気にしない。自分の想いが達成されればそれでいい、という様な。でも、アーティストとして食べて行こうと思うと、自分の作品を好きになってくれる様な人を増やしていかなくてはならない。

地域の起業家育成と
ソーシャルビジネスの創出を共に実現

起業家育成を通じて、ソーシャルビジネスを創出し、日経新聞ほかテレビや雑誌での紹介多数。日本で唯一、地域で “稼ぐ力” を構築し、起業・イノベーションを促進することに特化したNPO「まちづくりGIFT」

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。