納豆発祥の地は秋田?1パック2000円の納豆と国内シェア70%の企業がある-秋田/県南

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

shutterstock_270392420

「納豆」と聞くと、どの都道府県を連想するでしょうか。日本中のほとんどの人が、「茨城県、水戸納豆。」と答えるでしょう。

ちょっと待ってください! 納豆の生産量日本一は、確かに茨城県。しかし、みなさん、こんな話を知っていますか?「秋田が、納豆発祥の地」という説があるんです。

そして実際、秋田には、日本一高い納豆を売る企業と業務用納豆の国内シェア1位の企業が存在します。

納豆発祥の地は秋田:3つの説

Gosannen kassen

納豆発祥の地は秋田であるという説は、3つ存在します。いずれの説も、世界遺産にも指定された「平泉文化」のルーツとも言える「後三年の合戦」と深く関わっています。

□「金沢」説
□「大屋」説
□「沼館」説

秋田県横手市のホームページの「平泉文化のルーツをめぐる旅(納豆伝説コース)」から、各説をご紹介します。

納豆発祥の地:「金沢」説

後三年の合戦、金沢。源義家から、煮大豆を要求された農民たち。「急に言われても、入れ物が無いよ。どうする? うーん、しょうがないから、俵に入れよう。」これが、数日経って醗酵。食べてみたら、うまかった!

後三年の合戦のとき、源義家が農民に煮大豆を差し出させたところ、農民たちは急ぎのために入れ物が間に合わず、俵に詰めて差し出しました。これが数日立つと、香りを放って糸を引くので、食べてみると意外においしかったため食用とし、農民たちもやがてこれを知って、自らも作って後世に伝えたといいます。

納豆発祥の地:「大屋」説


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。