子育て支援、日本一の秋田。少子化対策で移住定住を促進

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

shutterstock_174946514

地方創生・地域活性・まちづくり。
何をもって、成功と呼べるのでしょうか?

もしかすると、絶対的なKPI(重要となる評価指標)は、存在しないのかもしれません。みなさんは、どう考えるでしょうか。

私が、最も重要だと考える指標は「子どもの数」です。

移住定住促進:子育てに適した地域、日本一の秋田を目指せ。

shutterstock_201245030

地域が元気になるためには、子どもの存在が重要です。子どもがいるかどうかで地域の活気は大きく異なります。

これは、私自身が自分の故郷で経験したことです。小学校が閉校になるほど地域の子供の数が減ってしまうと、それだけで地域の集まりは減り、文化伝承も難しくなります。そして、活気を失っていきます。

子どもは、地域の未来そのものです。

秋田県は、昔からある豊かな自然や食文化に加えて、新たな魅力となる3つの特色を最大限に生かし、日本で最も子育てしたいと思ってもらえる地域を目指すべきです。

1:日本トップクラスの助成制度
2:全国1位の学力を実現する教育
3:外国人留学生による国際交流

これにより、移住定住の促進にも繋がるはずです。子どもを育てやすい環境・子どもが育つ環境の価値を最大限に高めましょう。

日本トップクラスの助成制度


PR for アグリビジネススクール
参加無料で、若手Uターン農家に学ぶ「稼ぐ農業」
人数限定の人気イベントを開催!

イベント詳細はこちら



最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

安心安全の食とおいしさを追求。アグリビジネススクールで学ぶ稼ぐ農業

2017.11.20

賞金総額500万円!茨城県北を舞台にしたビジネスプランコンペティションがスタート!

2017.11.17

働き方改革:弱いつながりで実現する地域づくり

2017.11.12