茨城県ひたちなか市は「ほしいも」の生産量が日本一!

301876_363249617047842_1152769976_n

あまり知られていないかもしれないが、実は、ほしいもの全国生産8割を占めているのが茨城県ひたちなか市。ほしいもという一見地味だが根強いファンの多いこの伝統食の文化を継承すること、ひたちなか地域のほしいもの良さをより広く伝えるため、ひたちなか市では2010年から「ほしいも学校」プロジェクトを展開してきた。「おいしい牛乳」「キシリトールガム」などのデザインでも知られるクリエーター佐藤卓氏が全面協力し、ほしいもの持つ魅力を引き出すことでほしいもの良さを伝えるこのプロジェクト。

開始から4年近くが経ち、東日本大震災を経て、2013年末、ほしいも学校は一般社団法人として新たなスタートを切ったという。今ほしいも学校がほしいもを通してどんな未来を描いているのか、ひたちなか商工会議所の小泉力夫氏にお話をうかがった。

ほしいもの学校?

19

ほしいも学校とはなんぞや?と思われる方も多いだろう。ほしいもをいろんな角度から解剖し、ほしいもの良さを伝えるとともに人の営みと環境を考えるプロジェクトとして、本の出版、ワークショップの開催、ほしいもの新しい商品開発などをする「場」がほしいも学校である。なんだかふつうの学校と違うな、と思われたかもしれないが、ほしいも学校には学校らしくちゃんと校歌も存在する。

これまで「ほしいもを通して宇宙を見る」ことをビジョンに、地元ひたちなか以外でもほしいも学校本の販売、ほしいも学校ブランドのほしいもの販売などをおこない、少しずつその認知度を上げてきている。ほしいもの消費者やファンを増やすだけでなく、ほしいもに関わる生産者などすべての人々のコミュニケーションの場になるよう、小泉さんたちは地域の人たちにも積極的に参加してもらえるよう呼びかけている。

東日本大震災の影響

地域の起業家育成と
ソーシャルビジネスの創出を共に実現

起業家育成を通じて、ソーシャルビジネスを創出し、日経新聞ほかテレビや雑誌での紹介多数。日本で唯一、地域で “稼ぐ力” を構築し、起業・イノベーションを促進することに特化したNPO「まちづくりGIFT」

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。