写真2

『RIVER』という会員誌をご存じの方はいらっしゃるでしょうか。

1997年に誕生し、高知県の四万十川流域の、ヒトや産物、取り組みを実況中継することを目的としています。

そんな『RIVER』が、10月1日に「しまんと川の会員制度”RIVER”」として生まれ変わりました。

今回は、新RIVERの会員紙の創刊イベント「ナニガユタカナコトナノカ」に参加してきたので、レポートをお送りします。

デザイナー梅原真さんを知っていますか?

写真1

今回のイベントの目玉は、編集長である梅原真さんと、創刊号で取材された田中隆博さんの対談。

梅原真さんのお名前を聞いたことがある方も多いかもしれません。

梅原さんは、いま最も注目されているデザイナーのお一人でしょう。

彼の著書『ニッポンの風景をつくりなおせ』には、こんなサブタイトルが付いています。

「一次産業 ✕ デザイン = 風景」

梅原さんは、これまで一次産業のデザインをメインに取り組まれてきました。

なぜなら、一次産業は、産業のベースだからだと言います。

梅原さんの作品は数知れず。その実績も数知れず。

その独自の着眼点と、消費者の心をつかむデザイン力・キャッチコピー力で、イナカの一次産業を活性化しています。

何がユタカなのかを考える”RIVER”

riverimage by npo-river.jp

「この会員誌は、何がユタカなのか、が根本にある」

と梅原さんは言います。

「国が経済経済と言う先に、何があるのか。何もないのではないか。あるべきは、ユタカさではないか。」

そんな思いのもと、ユタカを考える旅が始まります。

最初に取材されたのは今回の対談相手である田中鮮魚店店主の田中隆博さんでした。

田中さんのお店は、高知県の中土佐町久礼(クレ)中心部の「久礼大正町市場」にあります。

40メートルの商店街に30店舗が軒を連ねており、商店街の一番奥の魚屋が田中さんのお店。

お客さんから注文があったら、その場で魚を切ってくれます。

梅原さんいわく、

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

「地域の魅力を伝える」を使命に、全国各地の地域の成功事例を取材。PR不足の地域の課題を解決します。記事と連動したクラウドファンディング成功事例有り。執筆・お仕事のお問い合わせは、Facebookページからご連絡ください。