オカダタクヤ


地域コーディネーター

「田中さんはずっと同じポジションで、必ず毎日カツオを切っている」

のだそう。

ユタカとは何かを考え、高知へ帰郷

写真3

なぜユタカを考えるときに、田中さんが選ばれたのでしょうか。

田中鮮魚店の息子として生まれた田中さんは、「絶対に魚屋は継がない」という決意を持って勉強に励み、慶応大学に入学。

卒業後は商社マンになり、23歳の時、中国の工場を切り盛りする仕事を任され、たった3人で中国人300人を抱える工場を運営します。

それがいまから30年前のことです。

その後、中国で10年仕事をし、高知に帰ることを決意しました。

田中さんが高知に帰るきっかけになったのは、あるひとつの悩みだったそうです。

それは、「幸せは、どこに基準があるのだろう。今の自分のようにビジネスでお金を生むことが幸せなのか。」

ということでした。

魚屋と市場を救ったアイデア

写真4

久礼に帰ってきた田中さん。

家族で経営していた魚屋と、寂れかけた久礼の大正町市場を救ったのは、田中さんのアイデアでした。

現在田中さんのお店では、田中さんが切ってくれる”刺し身”と、向かいのごはんやさんの”御飯と味噌汁”で定食として食べることができます。

この斬新な定食屋をはじめとした田中さんたちの精力的な活動が、久礼大正町市場をもう一度盛り上げることになります。

いまでは、高知で美味しいカツオを食べるならココ!と、県内外から人が集まり、「刺身がうまい。この値段で!」と絶賛されているそうです。

とれたての新鮮な魚が食べれるのは、今も昔も変わりません。

では、何が変わったのか。

ただ”高知のカツオ”と並べたら売れていた時代が、田中さんのお父さんの代で終わった、と田中さんは言います。

だから、同じやり方を続けていてもダメだと思ったのだそうです。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。