飛び出す公務員:ふるさと納税が14億円以上集まった3つの理由 – 長崎県/平戸市

オカダタクヤ


地域コーディネーター

DSC_0891

いま、ふるさと納税が注目を集めています。

昨年、最もふるさと納税を集めた自治体は長崎県平戸市。

その額、14億6200万円!

なんと今年は既に14億円以上を集められるペースとなっており、20億円以上になる可能性も見えてきています。

これだけの額を集めることができた理由とは何かを、平戸市ふるさと納税推進班の黒瀬啓介さんに伺いました。

平戸市がふるさと納税額日本一になった3つの理由

shutterstock_250154119

1. 好きなときに取り寄せられるカタログポイント制度の採用

topimg01image by furusato-hirado.jp

ふるさと納税制度を活用するにあたり、他がやっていないことをすることと、寄付をしていただく方の立場にたった仕組みづくりをすることを目標にしました。

従来の仕組みは、商品を決めて申し込んだら、後は届くのを待ってね、という仕組みです。

これは寄付者の立場にたった仕組みではないため、これを変えたいなと。

そこで平戸市は、カタログポイント制度を導入し、ポイントを使うことで、お好きなときにお取り寄せできますよという制度にしました。

平成25年8月に始めた当初は、同様の仕組みはどこもなかったです。

平戸市は、特産品が少量多品目であるというところに特徴があり、カタログで平戸をパッケージ化し、一覧化できるようにしたいと考えたんです。

「カタログに掲載された商品の中で選んでもらわないといけない」ということでもあるので、地場産業の基盤強化の側面もあり、生産者や事業者のみなさんと一緒に、商品パッケージや説明文などのレベルから改善できることはないかと話し合うような動きもできています。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。