「け」「く」「ね」の1語で伝わる秋田弁

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

shutterstock_269599511

秋田弁は、すごく便利な方言です。

一語で、お互いの意思を確認し、会話ができます。

一言発するだけで、意味もトーンも伝えられる、例えるならLINEのスタンプみたいな存在です。

「け」「く」「ね」の1語で伝わる秋田弁

今回は、「け」「く」「ね」という3語について、まとめてご紹介します。

秋田弁の「け」

け:食べて、痒い、来て

【用法】
「け」は、以下のように使われます。

「まず、これけ」
 (とりあえず、これを食べて)
「あやー、け!」
 (あーもー、痒い!)
「こっちゃ、け」
 (こっちに来て)

秋田弁の「く」

く:食べる

【用法】
「け」と呼応して使用されます。

Aさん:「け」(食べて)
Bさん「く」(食べる)

これで会話が成立します。
単体でも使用できます。

「くが?」
(食べるか?)

秋田弁の「ね」

ね:ない、寝る、〜しないといけない

【用法】
「ね」に関しては、少し難易度が高いです。

「ね!」(無い)
「ねれ!」(寝ろ)
「いがね」(行かない)
「いがねね」(行かないといけない)

以前TVでも放送されていましたが、これが更に複雑になると、以下のようになります。

「ねねばねーのにねれね」
(寝ないといけないのに、寝れない)

秋田県人でない方が、ネイティブスピードで聞いても、何を言っているか全く理解できないかもしれませんが、秋田に遊びに来た際は、秋田弁も聞いていってください。


PR for アグリビジネススクール
参加無料で、若手Uターン農家に学ぶ「稼ぐ農業」

人数限定の人気イベントを開催!

イベント詳細はこちら



最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27