秋田県で雪が降っても、傘をささない3つの理由

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

shutterstock_232819879

先日、ネットで話題の新聞記事を取り上げた「秋田県の男子高校生が冬でもコートを着ない3つの理由」が多くの方に読まれました。

秋田県を含め、北国には他にも「あるある」が存在します。

秋田県では、雪が降ったとしても基本的に傘をさしません。

雪が降っても、傘をささない秋田県

shutterstock_168600281

全国的に大荒れとなった日本列島。全国各地が、雪で大変なことになりました。

1年を通して、多くても2〜3回ほどしか雪を経験しない地域の方は、雪が降ったら雨と同様に傘をさすと思います。そうしないと、ずぶ濡れになりますからね。

しかし、秋田県のように雪が毎年たくさん降る地域では、状況にもよりますが基本的に傘をさす人はいないのです。多くの人は、帽子やフードで頭が濡れないようにします。

雪が降っても、傘をささない3つの理由

傘をささない理由は、大きく3つあります。

□風で吹き飛ばされる
□雪の質が違う
□手を自由にしたい

雪国に出張や観光で行く予定がある方、移住を検討している方は、チェックしてみてください。

>> 風で吹き飛ばされる?


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。