売上高5億円の「四万十ドラマ」に学ぶ!地域に根ざすビジネスに必要なただ1つのこと

DSC_0304

高知県四万十町の「四万十ドラマ」という会社をご存知ですか。

コンセプトは、「ローカル」「ローテク」「ローインパクト」。

四万十川に負担をかけないものづくりを掲げ、足元にあるユタカサを活かして商品を作り、販売している会社です。

“地方創生”というキーワードで盛り上がる中、最も注目されている地域に根ざす企業の1つです。

グループ会社を含めて、年間の売上は5億円を超え、成長し続けていることも注目を集める理由。

全国を飛び回る代表の畦地履正さんに、地域に根ざすローカルベンチャーに必要なことを聞きました。

地域ベンチャーには2種類ある

DSC_1799

地域ベンチャーは、「地域にあるものを探してどう活かすか」ということが大事です。

地域ベンチャーとか、ローカルベンチャーという言葉でひとくくりにされるのは違うと思っているんです。

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

「地域の魅力を伝える」を使命に、全国各地の地域の成功事例を取材。PR不足の地域の課題を解決します。記事と連動したクラウドファンディング成功事例有り。執筆・お仕事のお問い合わせは、Facebookページからご連絡ください。