だから地域で何かやりたいという人は、自分の手で地域資源を見つけると決めて、そのために行動することが1番大事だと思います。

その上で、よく私たちが言ってるのですが「地方は自分で考えろ」という姿勢が大事です。

誰かに任せたるのではなく、自分たちで考えて行動していくことが必要だと思います。

「産業」を作る覚悟で地域に向かえ

DSC_1695

本物の「地域ビジネス」といえるベンチャーは、「産業」を作ることができる会社だと思います。

個人的には、インターネットのビジネスはどこでもできるというだけで、産業ではないんです。

本気で地域ビジネスをして、産業を作るなら、「ここで死ぬ」くらいの覚悟を決めて、腹をくくる必要があると思います。

土着で地に足つけて、地元に根づいてやっていくしかない。

そんな気持ちでやっていきたいという人は、ぜひ一緒に地域の産業を作っていきましょう!

PA183821寄稿者: 川村真由美
「食」を中心とした地域おこし企画の立案や、企業コンサルティングを行う。笑顔と情熱でプロジェクトを盛り上げるムードメーカー。高知が大好き。

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

「地域の魅力を伝える」を使命に、全国各地の地域の成功事例を取材。PR不足の地域の課題を解決します。記事と連動したクラウドファンディング成功事例有り。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。