全国から視察が殺到する「四万十ドラマ」の作り方。高知で産業を作る!

オカダタクヤ


地域コーディネーター

DSC_0290

今最も注目される地域ビジネスを展開する企業のひとつである「四万十ドラマ」。

地域の山や川がベースになった、地域の独自性が産業になることを目指して、多様な商品開発や事業を手がけています。

代表の畦地履正さんは、自分の仕事を「地域の人達と一緒にやりゆうビジネスやき」と言って笑います。

四万十ドラマは、地域に産業を作る会社です。

今や四万十ドラマは、その考えかたやノウハウを教わろうと、全国各地から、視察・研修が絶えません。

2016年も最注目のローカルベンチャーのストーリーを聞きました。

四万十にも、ええもんがいっぱいあるやないか!

shutterstock_272600855

四万十ドラマは、畦地さんとひとりのデザイナーの出会いがきっかけで始まりました。

そのデザイナーの名は、地域に根ざしたデザイナーで知られる梅原真さん。

ある日、25歳の畦地さんは、梅原さんの元を訪ねました。

当時、高知県で売れている商品といえば、馬路村のポン酢デザイン、黒潮町の砂浜美術館の「Tシャツアート展」、明神水産「藁焼き鰹タタキ」と、全て梅原さんがデザインや企画に関わったもの。

その企画力を頼っての訪問でした。

「隣の芝生が青く見えてて、思わず『ええなぁ、地元のいいものがあって』とぼやいたんですよ。

そしたら、机をバーンと叩かれて、あの大きな梅原さんに、四万十には、お茶も栗も、ええもんがいっぱいあるやないか!と怒鳴られました」

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。