DSC_0027

2015年10月、山形県朝日町に新しい道の駅「あさひまち りんごの森」が開業しました。

朝日町の四季折々の農作物や、加工品が販売されています。

山形県の田舎町にあるにも関わらず、10月1日のオープン時には4500人が詰めかけ、お店に人が入りきらない程だったといいます。

その勢いは衰えず、2015年12月末までに売上1億円を達成しました。

数多くのファンを集める秘密を、「りんごの森」の工藤夏穂さんに伺いました。

1番の売れ筋はリンゴ!

IMG_4966 (1)

リンゴのシーズンに開業したので、売れ筋は朝日町の特産品でもあるリンゴです。

ここで買って、全国に配送されるという方が多かったですね。

1日で200件の発送や、個人で最高20箱購入される方もいらっしゃいました。

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

「地域の魅力を伝える」を使命に、全国各地の地域の成功事例を取材。PR不足の地域の課題を解決します。記事と連動したクラウドファンディング成功事例有り。執筆・お仕事のお問い合わせは、Facebookページからご連絡ください。