江戸型染めの文化を現代に伝える東京にアトリエを構える「ポンピン堂」

ponpindo02

江戸型染めのお守り袋をつくる”ポンピン堂”の工房に行ってきました。

これは、「あめちゃん袋」にも最適!江戸型染めのお守り袋です。

”お守り袋”は江戸時代にお守りを入れて懐中にしのばせておく袋として大流行したそうですが、その大きさがちょっとした小物入れ、デジカメや、数珠、印鑑などを入れるのにちょうどいいサイズです。

関西人になら必ず持っている「あめちゃん袋」にも最適な大きさです。

慶応3年創業の江戸型染の工房「更銈(サラケイ)」

ponpindo06

ポンピン堂は代表の大野耕作さんとその家族の合計3人で、企画からデザイン、制作、出荷まですべて行っています。

もともと、慶応3年(1967年)「更銈(サラケイ)」という屋号で創業した江戸型染の工房で、大野さん妻・資子さんの代で5代目ということです。もうすぐ150年という節目を迎えるとても伝統のある工房です。

ponpindo09

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地域の魅力を伝える」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。