秋田への移住定住促進を応援。秋田移住計画、始動!

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

akita_main

秋田への移住者、過去最大に。

日本人が自らの生き方を改めて考え始め、秋田県と各自治体がこれまで積み重ねてきた努力が少しずつ成果として現れています。今年度、秋田への移住者は過去最大となっています。

とは言え、その数字は100人弱。勿論、今は段階的に増えている「途中」ですが、年間約1万人という人口減少スピードを超えるほどの勢いには至っていません。

そこで今回、秋田への移住定住促進を応援したいと考え、「東北に1万人の雇用創出」を使命として掲げる【TOHOKU 2020 PROJECT】の一環として、秋田移住計画を始動します。

秋田への移住定住促進を応援。秋田移住計画、始動!

shutterstock_349812743-2

連日、メディアを賑わしている地方への移住定住。

当然のことながら、移住定住促進に取り組んでいるのは、秋田県だけではありません。他の地域も頑張っているわけですから、これまで以上に、移住希望者の視点で「秋田の価値」を示す必要があります。

移住希望者のどんなニーズに、秋田はどのように応えていくのか明確にする必要があります。

秋田移住計画が担う3つの役割

今回、秋田移住計画を開始するにあたり、まずは3つの役割に絞って活動しようと考えています。

1:情報を集める
2:価値を高める
3:人と人を繋ぐ

MACHI LOG 秋田 と連動しながら、移住定住促進の応援を経て、最終的には雇用創出に貢献します。


PR for アグリビジネススクール
参加無料で、若手Uターン農家に学ぶ「稼ぐ農業」

人数限定の人気イベントを開催!

イベント詳細はこちら



最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27