仙台のアパレル店が地域に愛される3つの理由 – 宮城

main

「仙台を日本一カワイク、オシャレな街にする」というビジョンを掲げ、HYSTERIC GLAMOUR sendaiなど、仙台を中心に4店舗のアパレルショップを経営する、有限会社 ONE another の代表取締役 山口文彦さん。

お店の前の掃除を欠かさず、お客さんと一緒に朝礼が行われるという、お客様に愛されるお店作りをされています。

地域に愛されるお店の作り方をお伺いしました。

地域に愛される3つの理由

shutterstock_320962013

1. 地域の清掃活動を行っている

お店の前の道を「ワンアナザーストリート」と名付けて、お客様と一緒に掃除をしています。

自分たちができることからやろう、と掃除をやり出しました。

そうすると楽しくなってきて。

お客様と一緒にするのもいいんじゃないかとなって、お客様も呼んで、掃除してそのまま朝礼を一緒にやったりしています。

地域のPR・イベント企画
ブランディングを共に実現

「地域の魅力を伝える」
地域のPR・ファンづくり・ブランディングを一緒に実現する【MACHI LOG】
■地域と人を繋げる情報発信:2500記事以上
■地域の価値を高めるイベント企画運営:60回以上
■地域のファンを生み出すクラウドファンディング:支援金総額1000万円以上

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

「地域の魅力を伝える」を使命に、全国各地の地域の成功事例を取材。PR不足の地域の課題を解決します。記事と連動したクラウドファンディング成功事例有り。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。