温泉マークは江戸時代にすでにあった!? 温泉記号発祥の地・群馬県安中市の磯部温泉

shutterstock_220493854

群馬県安中市にある磯部温泉は中山道を往来する旅人なども訪れ古くから賑わってきた温泉地。温泉マークの発祥の地と言われています。

湯壷と湯けむりの組み合わせ 温泉マーク

331442

温泉マークといえば温泉のある場所や浴場を表す地図記号。

国土交通省によると、この温泉の記号は「温泉法」という法律で決められている温泉や鉱泉を表し、泉源の湯壷と湯けむりをあわせた記号なのだそう。
参照元:国土交通省 国土地理院

1661年の絵図にかかれていた日本最古の温泉マーク

shutterstock_65279980

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。