離島でアパレル産業を作る!日本で1番不便な場所のビジネスの作り方

オカダタクヤ


地域コーディネーター

島に仕事の多様性を作ることで人の多様性につなげていく

DSC_0790

東京は色々な仕事をしている人がいますよね。

でも島には、仕事の多様性がないんです。

仕事の多様性が増えると、仕事の幅が広がって、例えばデザイナーが移住できたり、カフェをしたい人とか、パンやケーキの職人さんも移住できるかもしれない。

今まで来れなかった人が、島に来れるようになるんです。

自分は移住をした時に、「一次産業に力をいれない」と言ったんです。

そうしたら、「お前のような人間は移住してもやっていけない」と言われたんです。

そう言った島の人は、今では一緒に水産加工をしていて、自分に魚の加工方法を教えてくれる師匠になっています。

「お前がうまくいけば、もっと色々な人間が島で暮らせるようになる」と言って応援してくれる存在になりました。

仕事の幅が、人の幅になって、色々な人達がこれるような島になればと思います。

例えば、バナナファイバーの研究は、まだまだ赤字事業です。

素人ばかりが、いきなりアパレルを、しかも糸から作っているんです。

場所は、日本最高の僻地。

そりゃあなかなか黒字化しませんよね。

でも、今はそれでいいんです。

「離島でアパレル産業」って聞くだけで「ありえない」と思うじゃないですか。

でも、「ありえない」ことをするから、「ありえない人材」が来てくれるんです。

宝島には、そんな魅力が絶対にあるんです。

参照サイト

一般社団法人宝島[facebookページ]


PR for アグリビジネススクール
参加無料で、若手Uターン農家に学ぶ「稼ぐ農業」
人数限定の人気イベントを開催!

イベント詳細はこちら



最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

安心安全の食とおいしさを追求。アグリビジネススクールで学ぶ稼ぐ農業

2017.11.20

賞金総額500万円!茨城県北を舞台にしたビジネスプランコンペティションがスタート!

2017.11.17

働き方改革:弱いつながりで実現する地域づくり

2017.11.12

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。