経済効果12億円を見込む「ツール・ド・とちぎ」が描く栃木の未来

オカダタクヤ


地域コーディネーター

shutterstock_100176515

栃木県を舞台にした新しい自転車ロードレース「ツール・ド・とちぎ」が、2017年3月から開催されます。

世界トップクラスの選手が、数日間かけて山岳コースや平地の公道コースを走る「ツール・ド・フランス」型のレースを開催し、地域活性化につなげようという狙いがあります。

なぜ栃木県は、自転車レースに力を入れているのでしょうか。

12億円の経済効果を見込む自転車レース

shutterstock_286784087

「ツール・ド・とちぎ」開催に際し、見込まれている経済波及効果は12億円(*県の試算による)です。

県内外から6万人の観戦者を見込んでいます。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。