田舎の古民家を第二の故郷に シェアビレッジが秋田から香川へ進出

detail_1625_1456094902

「年貢を納めて、村民になろう!」

香川県西部に位置し、高松空港から車で1時間ほどの場所にある三豊市仁尾町。そこは、三方が山、そして一方は海に囲まれた
陸の孤島とも言える、人口約6300人の小さな港町。

この場所には、「松賀屋」と呼ばれる大きな古民家があります。それが今、1つの「村」として生まれ変わろうとしています。

第二弾!年貢を納めて村民に?!
シェアビレッジが西日本進出。新村は潮風香る陸の孤島

田舎の古民家を第二の故郷に シェアビレッジが秋田から香川へ進出

全国の古民家をリノベーションし、プロジェクトに共感する「村民」を集めることで、古民家をみんなが集まれる1つの「村」と位置付け、全国に「第二の故郷」をつくることを目指す「シェアビレッジ(SHARE VILLAGE)」プロジェクト。

「シェアビレッジ」は秋田県の辺境から始まる「村」の概念をひっくり返すプロジェクトです。
「村があるから村民がいるのではなく、村民がいるから村ができる」という考えのもと、消滅の危機にある古民家を村に見立てて再生させていきます。
多くの人で1つの家を支える仕組みをもって、全国の古民家を村に変えていきながら、「100万人の村」をつくることを目指します。

□出典:SHARE VILLAGE

一年に一回の年会費、年貢(NENGU)3000円を納めるだけで、誰でもシェアビレッジ村民になることができます。村民になると、他の村民たちと一緒に様々な活動が可能になります。

1. 寄合(YORIAI):
なかなか田舎まで行けない人のために、都市部で定期的に開催される村民限定の飲み会・交流会。

2. 里帰(SATOGAERI)
仲良くなった村民同士で実際に自分たちの村へ遊びに行けます。村では様々な企画が待ってます。

3. 一揆(IKKI)
出店あり、音楽ライブあり、年に一度のお祭り「一揆(IKKI)」という名のフェスが開催されます。

このような取り組みが評価され、シェアビレッジは、2015年 グッドデザイン賞ベスト100と特別賞である地域づくりデザイン賞も受賞し、全国から注目を集めました。

第一弾は、秋田県五城目町からスタート

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。【毎日東北】と題して東北の情報を毎日発信!「MACHI LOG」東北の編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。