日本の菓子の起源「橘 (たちばな)」って? お菓子の神様が祀られる橘本神社 – 和歌山県-

shutterstock_333790364

和歌山県にある橘本 (きつもと) 神社は「お菓子の神様」として信仰を集める神社。神社に伝わるエピソードをまとめてみました。

木の実に10年を捧げた「田道間守」

Tajimamori田道間守「前賢故実」

橘本神社に祀られているのは田道間守神。

伝説では、当時不老不死で知られる「橘」を手にいれるため、垂仁天皇の勅命を受けた田道間守が海を越えてシナやインドに渡り、約10年の間探し求め、これを持ち帰りました。

ようやく手に入れた橘を持ち帰ったとき、天皇はすでにこの世になく、田道間守は墓前に橘の半分を捧げてその場で絶食して過ごし、そのまま息をひきとったとされています。

橘ってどんな植物?

shutterstock_177199079

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。