語源は? なぜ名古屋名物? ご当地名物「ういろう」のお話

70e95585d1372e545cf0b07ab85b5044_m

「ういろう」といえば名古屋の銘菓としてよく知られているお菓子ですが、名古屋以外にもご当地の銘菓としてその歴史を刻んできたういろうがあります。知っているようで知らないういろうのお話。

ういろうの由来は中国の役職名?

お菓子のういろうは平仮名で表されますが、このういろうを漢字で書くと「外郎 (ういろう)。」

この外郎とは、中国にあった現在の現在の医者や薬剤師を指す「外郎職」を指しており、お菓子のういろうの起源は中国から帰化した外郎職・陳宗敬から始まったとされています。

足利義光将軍の時代、日本に帰化した陳宗敬は、不老長寿の薬として現在の仁丹に似た薬「透頂香」を作り売り出しました。この薬は多くの人々に愛用され、いつからか「外郎飴 (ういろうあめ)」と呼ばれるようになりました。

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。