語源は? なぜ名古屋名物? ご当地名物「ういろう」のお話

MACHI LOG 編集部


MACHI LOG staff

70e95585d1372e545cf0b07ab85b5044_m

「ういろう」といえば名古屋の銘菓としてよく知られているお菓子ですが、名古屋以外にもご当地の銘菓としてその歴史を刻んできたういろうがあります。知っているようで知らないういろうのお話。

ういろうの由来は中国の役職名?

お菓子のういろうは平仮名で表されますが、このういろうを漢字で書くと「外郎 (ういろう)。」

この外郎とは、中国にあった現在の現在の医者や薬剤師を指す「外郎職」を指しており、お菓子のういろうの起源は中国から帰化した外郎職・陳宗敬から始まったとされています。

足利義光将軍の時代、日本に帰化した陳宗敬は、不老長寿の薬として現在の仁丹に似た薬「透頂香」を作り売り出しました。この薬は多くの人々に愛用され、いつからか「外郎飴 (ういろうあめ)」と呼ばれるようになりました。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24