老舗菓子店の食べられる名刺−秋田

老舗菓子店の食べられる名刺

秋田県秋田市にある老舗菓子店のかおる堂さんが作る「食べられる名刺」が人気を集めています。

秋田県産の米粉を使った名刺サイズのサブレに、食用インクで文字や絵が印刷されている。秋田市の老舗菓子店かおる堂が2月に販売を始めたところ、「取引先の印象に残る」と注文が相次いでいる。

□出典:河北新報オンラインニュース

1枚216円、10枚から注文が可能です。

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。【毎日東北】と題して東北の情報を毎日発信!「MACHI LOG」東北の編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。