老舗菓子店の食べられる名刺−秋田

技術だけでない価値を提供する

インターネット上には、このような「食べられる名刺」を提供するお店や会社が他にも存在します。

製造するための機械を購入し、商品を提供するだけであれば、多くの人が挑戦できるサービスと言えます。数年前からの3Dプリンタの普及も含めて、そのハードルはかなり低くなっています。

他でできないものを提供するためには、お店や会社の情緒的価値や地域資源を最大限に活用する必要があるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。【毎日東北】と題して東北の情報を毎日発信!「MACHI LOG」東北の編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。