熊本地震、東北から震災経験ある人材を派遣。人命救助と支援物資供給

MACHI LOG - 宮城


MACHI LOG 東北編集長

shutterstock_202792765

支援物資不足を訴える、SNS投稿。

広範囲で連続的に地震が発生し、避難者が18万人を超えた熊本地震。現場の混乱、倒壊を恐れた車中泊の増加など、様々な要因が重なり、支援物資の供給が追いついていません。
□参考:毎日新聞

東北からは、災害派遣医療チーム(DMAT)に続き、東日本大震災で支援物資の調整を経験した県庁職員が派遣されました。

熊本地震、東北から震災経験ある人材を派遣

甚大な災害が発生した場合、優先すべき人命救助。

そのためには、救急車両が通れるよう、被災地の方が避難できるよう、救助や医療のプロフェッショナルが優先的に行動できる環境を作る必要があります。地域外の素人がむやみに行動すると、現場の混乱を招いてしまう可能性があるためです。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24