宮城、1103戸の仮設住宅等で熊本地震の被災者を受入

shutterstock_175166825

東日本大震災から、復興への道を進む東北。

宮城県の街頭インタビューをTVで見ていると、多くの人々が震災で受けた恩を何らかの形で返したい、熊本地震で被災された人々のために何かしたいと話しています。

宮城県は、広域避難を希望される被災者に対して、仮設住宅などで受け入れる方針を示しました。

宮城、1103戸の仮設住宅等で熊本地震の被災者を受入

ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG - 宮城

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。【毎日東北】と題して東北の情報を毎日発信!「MACHI LOG」東北の編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社 代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。