日本財団が鳥取県と共同プロジェクトを始めた3つの理由

20160418-DSC_0477

「鳥取県×日本財団 共同プロジェクト」が進んでいることをご存知でしょうか。

その内容とは、

鳥取県と日本財団は、日本一のボランティア先進県を目指し、地域住民が元気に暮らし、誇りを持てる社会づくりのための共同プロジェクトを実施する

というもの。

この取り組みは「鳥取プロジェクト」と題され、鳥取県と共に地方創生の流れに沿った地域支援が始まっています。

このプロジェクトの現地事務所の責任者として、4月に東京から鳥取に移住された木田悟史さんにお話を伺いました。

日本財団が鳥取県を盛り上げる理由とは?

shutterstock_183501380

日本財団が取り組もうとしている課題は、人口減少、高齢化といった社会課題への対策です。

移住者や定住者を増やそうというアイデアもあると思いますが、私たちがやりたいのは、そこに住み続けたい方の生活を支えていこうという取り組みです

例えば地方では、中山間地域と呼ばれる地域が多いですが、そこで暮らす高齢者の方々に生活必需品を送る仕組みを作るという仕組みを作ることで解決するといったことです。

そのモデルケースとして、鳥取県と取り組むことが決まり、進んでいるということです。

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27