日本財団が鳥取県と共同プロジェクトを始めた3つの理由

FAAVO(MACHI LOGパートナー)


FAAVO(MACHI LOGパートナー)

20160418-DSC_0477

「鳥取県×日本財団 共同プロジェクト」が進んでいることをご存知でしょうか。

その内容とは、

鳥取県と日本財団は、日本一のボランティア先進県を目指し、地域住民が元気に暮らし、誇りを持てる社会づくりのための共同プロジェクトを実施する

というもの。

この取り組みは「鳥取プロジェクト」と題され、鳥取県と共に地方創生の流れに沿った地域支援が始まっています。

このプロジェクトの現地事務所の責任者として、4月に東京から鳥取に移住された木田悟史さんにお話を伺いました。

日本財団が鳥取県を盛り上げる理由とは?

shutterstock_183501380

日本財団が取り組もうとしている課題は、人口減少、高齢化といった社会課題への対策です。

移住者や定住者を増やそうというアイデアもあると思いますが、私たちがやりたいのは、そこに住み続けたい方の生活を支えていこうという取り組みです

例えば地方では、中山間地域と呼ばれる地域が多いですが、そこで暮らす高齢者の方々に生活必需品を送る仕組みを作るという仕組みを作ることで解決するといったことです。

そのモデルケースとして、鳥取県と取り組むことが決まり、進んでいるということです。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24