日本一の天然記念物数を誇る山梨県!3つの特別天然記念物とは?

shutterstock_171923081

天然記念物は、国が文化財保護法に従って指定する動物・植物・地質鉱物、さらには人間に作られた二次的な自然物を言います。

山梨県の天然記念物の数は常にトップ10内に入っており、人口10万人あたりの天然記念物数を示す天然記念物の数は、3.57件と2015年末時点で1位となっています。

山梨県の天然記念物はいったいいくつ?

富士山が生み出した自然の洞窟や岩、さらに富士山周辺の独特な生態系に関連するものが多い点で、2015年末の時点で特別天然記念物が3件、国指定天然記念物が31件あります。

山梨県が誇る3つの特別天然記念物とは?

山梨県で3件ある特別天然記念物のうち2件は、雷鳥やカモシカといった地域を定めない生き物になります。

山梨県だけに指定されている特別天然記念物としては、「鳴沢溶岩樹型」があげられます。

山梨だけの特別天然記念物「鳴沢溶岩樹型」

yamanashi_kiimage by ja.wikipedia.org

「鳴沢溶岩樹型」は864年(平安時代)の貞観噴火で、森を溶岩が覆いつくした際に、溶岩の熱で木々は燃え尽きてしまい木の幹の形の穴が残ったものです。

溶岩の量によっては完全に木々を飲み込んでしまうため、ちょうど良い溶岩量だった鳴沢村にだけ溶岩樹型が残っています。

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

「地域の魅力を伝える」を使命に、全国各地の地域の成功事例を取材。PR不足の地域の課題を解決します。記事と連動したクラウドファンディング成功事例有り。執筆・お仕事のお問い合わせは、Facebookページからご連絡ください。