篠原久仁子(野菜ジャーナリスト)-売れる野菜づくりの3つのポイント

20160511-DSC_1017

世界でただ1つの肩書「野菜ジャーナリスト」を掲げて活動しているのが、篠原久仁子さんです。

野菜や果物を軸に、地域の農産物の魅力を伝える専門家です。

話す、書く、企画するということを主領域に、野菜や果物の魅力を伝え続けています。

自分を媒介して生産者の声を届ける

全国各地を飛び回りながら、生産者に会い、その言葉と農産物の魅力を発信されている篠原さん。

「人と地域に興味があるんです」との言葉通り、徹底的に現場にこだわります。

そんな篠原さんに、売れる野菜の3つのポイントをうかがいました。

地域の起業家育成と
ソーシャルビジネスの創出を共に実現

起業家育成を通じて、ソーシャルビジネスを創出し、日経新聞ほかテレビや雑誌での紹介多数。日本で唯一、地域で “稼ぐ力” を構築し、起業・イノベーションを促進することに特化したNPO「まちづくりGIFT」

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

「地域の魅力を伝える」を使命に、全国各地の地域の成功事例を取材。PR不足の地域の課題を解決します。記事と連動したクラウドファンディング成功事例有り。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。