篠原久仁子(野菜ジャーナリスト)-売れる野菜づくりの3つのポイント

オカダタクヤ


地域コーディネーター

20160511-DSC_1017

世界でただ1つの肩書「野菜ジャーナリスト」を掲げて活動しているのが、篠原久仁子さんです。

野菜や果物を軸に、地域の農産物の魅力を伝える専門家です。

話す、書く、企画するということを主領域に、野菜や果物の魅力を伝え続けています。

自分を媒介して生産者の声を届ける

全国各地を飛び回りながら、生産者に会い、その言葉と農産物の魅力を発信されている篠原さん。

「人と地域に興味があるんです」との言葉通り、徹底的に現場にこだわります。

そんな篠原さんに、売れる野菜の3つのポイントをうかがいました。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。