「狂うことが大切」!? 若くして死した吉田松陰とは

250px-Yoshida_Shoin2

幕末動乱期の人物、吉田松陰。

有名な「松下村塾」で久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋など、多数の門下生を抱えていた彼は、のちの明治維新で活躍する人物たちの育成に生涯を捧げました。

「諸君、狂いたまえ」という有名な言葉で、維新に関する人物たちに影響を与えた彼は、どのような人物だったのでしょうか。

今回は吉田松陰の生涯と、人物像についてご紹介いたします。

 「狂い」を示す数々のエピソード

「狂愚」とは現実的な常識を無視し、自分の信念のみを信じて行動すること。

自らをその「狂愚」と称した松陰は、数々の破天荒なエピソードを残しています。

旅行のために脱藩

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。