「狂うことが大切」!? 若くして死した吉田松陰とは

MACHI LOG 編集部


MACHI LOG staff

250px-Yoshida_Shoin2

幕末動乱期の人物、吉田松陰。

有名な「松下村塾」で久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋など、多数の門下生を抱えていた彼は、のちの明治維新で活躍する人物たちの育成に生涯を捧げました。

「諸君、狂いたまえ」という有名な言葉で、維新に関する人物たちに影響を与えた彼は、どのような人物だったのでしょうか。

今回は吉田松陰の生涯と、人物像についてご紹介いたします。

 「狂い」を示す数々のエピソード

「狂愚」とは現実的な常識を無視し、自分の信念のみを信じて行動すること。

自らをその「狂愚」と称した松陰は、数々の破天荒なエピソードを残しています。

旅行のために脱藩


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24