「本能寺の変」のその後。織田信長の死後、子供たちの行く末は

MACHI LOG 編集部


MACHI LOG staff

shutterstock_281283728本能寺 Attila JANDI / Shutterstock.com

歴史的な人物として重要なポジションに君臨する織田信長。

彼の生涯は広く知れ渡っていますが、意外にその子どもたちの生涯が明らかにされることはあまりありません。

そんな信長の子どもたちについてまとめてみました。

 本能寺の変で明智軍の前に倒れた長男・織田信忠

信長の浅井長政攻めのときに初陣し、各地で戦功をあげます。

本能寺の変前は室町薬師寺の妙覚寺に入りましたが、事件発生後、光秀軍に対して奮闘します。

明智光秀の襲撃から守るには妙覚寺で適さないとして、隣の二条御所に移り駆け付けた馬廻衆らを率いて戦いましたが、明智鉄砲隊に囲まれ自刃しました。

 当主になるも領地没収で出家した次男・織田信雄

本能寺の変前は、北畠具房の養子に入っていました。

その後は北畠家の当主になりますが、本能寺の変による信長の死後、一時的に織田家の当主に。

ただしその後は秀吉に領地を没収されて財産を失ってしまい、出家して晩年は僧侶として暮らし、その生涯を終えました。

 父の仇を討つも兄に攻められ自刃した三男・織田信孝

信長の北伊勢攻略ののち神戸城主・神戸具盛の養子となったので神戸信孝ともいいます。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24