MACHI LOG 編集部


MACHI LOG staff

12247029_453357204872051_1490475310766758042_nライター:佐藤翔平
過疎地域から、全国に飛び出し、独自の視点で取材をしております。宮崎県高千穂町出身。高千穂アカデミー代表理事。首都圏と地方をつなげる「高千穂郷食べる通信」の運営も行っております。

6月某日、昨年、移住希望地ランキング圏外からトップ10入した宮崎移住計画
2016年度の活動がスタートしました。

宮崎移住計画のFacebookページはこちら

今年度の始まりはジャーナリストの佐々木俊尚さんにお越しいただき、「地方で自分らしく働く」事について講演を頂いきました。

参加者は50名超、うち移住を計画している人は半分以上という濃度の濃いイベントになりました。

先日発表された移住希望者ランキングで圏外から10位にランクインした宮崎県への移住。
宮崎移住はまだまだ伸びしろがあります。

一晩で1万回再生された動画が公開

初公開された宮崎移住PR映像「今、ここ宮崎」

いま、宮崎に住む人がどう今を感じているか、移住に対して感じているかが映像化されています。

けっしてネットで、全国区で、爆発的にバズるような内容ではない、しかし、今の宮崎を本当に訴えかける内容になっています

一度は完全版を見ていただきたいと思います。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24