わんちゃん愛好家の間で話題。広島県で行われたふるさと納税で「殺処分ゼロ」の取組み

shutterstock_231023848

ふるさと納税といえば返礼品が話題になりがちですが、「自分で寄附金の使い道を選択できる」という面も、見逃せません。

そんな使い道の一つに、ふるさと納税を利用して犬の殺処分をゼロにする取り組みが広島県で行われていました。

全国的にも話題となったこの取り組みは、一体どのような内容でしょうか?

今回はそんな、広島県の取り組みをご紹介いたします。

ふるさと納税で犬を救うプロジェクト

広島県で行われたふるさと納税の取り組みは、寄附金によって、殺処分される運命にあった犬のしつけや保護を行い、引き取り先を探し、新たな飼い主に譲渡される仕組みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。