その正体はUFO? それとも…!? 江戸時代に茨城県に漂着した「うつろ舟」

MACHI LOG 編集部


MACHI LOG staff

shutterstock_89328469

江戸時代から伝わる伝説のひとつに、茨城県の海岸に奇妙な物体と1人の女性が漂着したという話があります。「うつろ奇談」と呼ばれるこの伝説についてまとめてみました。

海岸に漂着した「うつろ舟」

Utsuro-buneNagahashi Matajirou (Artist) – Nagahashi Matajirou: Ume-no-chiri (1844)

事件が発生したのは1803年のこと。

現在の茨城県に奇妙な物体と1人の女性が漂着しました。この話は「うつろ舟奇談」として後の様々な史料にも登場し、それらの史料から、茨城県神栖市にある波崎舎利浜で起こった事件であったという説があります。

後にうつろ舟と呼ばれるこの舟の形態は丸く、文字のようなものが書かれていたと伝わっています。

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27