使い道は “平和の思いを共有”。 広島市のふるさと納税

MACHI LOG 編集部


MACHI LOG staff

shutterstock_110715653

所縁のない自治体にも手軽に寄付を行えることから返礼品などをもとに年々趣向が凝らされている「ふるさと納税」。広島市の「平和の思いを共有する」ふるさと納税についてまとめてみました。

広島市の「ふるさと納税」

shutterstock_329566478

広島市では、ふるさと納税として集まった寄付の一部を「平和を願うヒロシマ」としての活動に使うことを掲げています。

寄付金の使い道は、「平和首長会議加盟都市の青少年同士の交流支援として被爆者の体験や平和への思いを学ぶイベントへの参加支援」「被曝建物や被曝樹木を保存・継承するための費用」「被曝資料を未来へ残すための資料の修復や写真・映像のデジタル化」などが例として挙げられています。


PR for アグリビジネススクール
参加無料で、若手Uターン農家に学ぶ「稼ぐ農業」
人数限定の人気イベントを開催!

イベント詳細はこちら



最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

安心安全の食とおいしさを追求。アグリビジネススクールで学ぶ稼ぐ農業

2017.11.20

賞金総額500万円!茨城県北を舞台にしたビジネスプランコンペティションがスタート!

2017.11.17

働き方改革:弱いつながりで実現する地域づくり

2017.11.12