MACHI LOG[マチログ] > 海外 > 寄付金が約2000億円のスタンフォード大学が125周年

寄付金が約2000億円のスタンフォード大学が125周年

スタンフォード大学
シリコンバレーのイノベーションの源泉。
スタンフォード大学に行ってきました。

スタンフォード大学は、125周年

スタンフォード大学2大学というか、一つの歴史的建造物のような感じです。

シリコンバレーのイノベーションの源泉

スタンフォード大学3シリコンバレーというと、ITベンチャー企業が注目されますが、実は、驚異的なイノベーションを生み出しているのは、このスタンフォード大学

教育と再投資が大事

スタンフォード大学6
広大な敷地。アイデアも広がる。

ここからグーグルが生まれ、IDEOが生まれ、シリコンバレーが世界中から注目される土地になっていたのです。

社会に必要だから125年続いた。

スタンフォード大学5スタンフォード大学は、もともと

「125年続けるぞ!」

という形ではじまったわけがなく、、本当に社会に必要な事を続けていたら125年続いていた。

これは、当たり前のことですが、最初から長く続けるとかを前提に、起業をする人も多いのではないかと思います。

潰れるときは潰れるし、続くときは続く。
それを決めるのは、自分ではなく社会であったりします(もちろん全力で頑張るのは当然のこととして。)

寄付は感謝のあらわれ

寄付スタンフォード
スタンフォード大学の寄付額が、ハーバード大学を抜いたということで、一時的に話題になりました。

寄付額って、卒業生たちの感謝の「ありがとう、これからも事業を続けてください」という気持ちが数値化されたもの。(もちろん寄付税制もあると思う)

また、この寄付をこれから挑戦するスタンフォード大学生たちに、投資をしているからこそスタンフォード大学が成長し続ける。

そして、莫大な寄付金額を社会イノベーションのために投資し続けるモラルも大学運営には必要だ。

このように投資する、寄付をえる、また投資するというサイクルは、人類が成長するための法則であることが、このスタンフォード大学の125年の歴史から学び取れる。

投稿者 Junichi Saito

Junichi Saito
地域ビジネスプロデューサー/慶應義塾大学 非常勤講師。「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数

Send this to friend