35年連続で減少する子どもの数。子どもの多い都道府県と少ない都道府県

shutterstock_201245063

平成27年10月1日の推計でまとめられた都道府県別の子どもの数を見てみました。

子どもの数が100万人を超える4都道府県

shutterstock_289571369

平成27年10月1日現在で全国にいる15歳未満の子どもの数は16,108,000人。35年連続で減少しており、日本の人口全体の12.7%を占めています。

子どもの数が100万人を超えるのは東京都、神奈川県、愛知県、大阪府の4都府県。東京都は前年と比較し増加しています。

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。