日本の世帯はどのように変わった!? 都道府県別に見てみました

shutterstock_127115846-1

平成27年国勢調査から、日本の「世帯」を見てみました。

42都道府県で世帯数は増加

平成22年から平成27年の5年間で日本の世帯数は145万3千世帯増加。42の都道府県で世帯数が増加しています。世帯数が減ったのは高知県、鹿児島県、青森県、和歌山県、秋田県の5つの県。

世帯増加率については年々縮小し、前回の国勢調査 (平成17年〜平成22年)では4.8%であった増加率が今回の調査では2.8%という結果になりました。

ここ5年で世帯が最も増えた都道府県はどこ!?

平成22年から平成27年の5年間において、世帯増加率が最も高かったのは沖縄県。

2位の宮城県に約3%の差をつけ1位となりました。3位以下には、東京都、埼玉県、愛知県、福岡県が続いています。

一方、世帯数が減った5県を除き、世帯増加率の低かった県は順に山口県、愛媛県、長崎県、宮崎県、北海道。

地域ブランディングや
ソーシャルビジネス創出を実現

「地域の魅力を伝える」
【MACHI LOG】は、地域のPR・ブランディング・商品開発を一緒に実現します。地域を大切に想う10万人の読者が、あなたの地域を応援します。

【PR】
ガン予防・花粉症対策に九州産の柑橘

へべす

MACHI LOG を一緒に盛り上げてくれる仲間を募集!

2017.07.05

早く・伝わる文章を書く方法、ライティング講座・基礎編(第3回)を東京で開催

2017.07.02

なべっこ遠足は、秋田だけ!小学校の一大行事は、スゴい教育プログラム-秋田/県南

2015.08.27

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。