オカダタクヤ


地域コーディネーター

宮崎移住計画は「仕事」にフォーカス

20160906-dsc_0022

最初にプレゼンテーションを行ったのは、宮崎移住計画のプロデューサーであり、日本各地で地域の仕事づくりをサポートしているNPO法人まちづくりGIF代表理事の齋藤潤一さんです。

斎藤さんは、宮崎移住計画のユニークさを語ります。

宮崎移住計画は、どこかの団体が手がけているのではありません。

行政・NPO・民間の企業が連携し、宮崎の魅力を伝えることを通じて、移住・UIJターンをサポートする活動です。

と語ります。

宮崎移住計画は、宮崎県が東京での拠点として開設している、宮崎ひなた暮らしUIJターンセンターとも連携しているため、イベントなどで興味をもった際に、スムーズに移住に関する様々なサポートを得ることが可能になります。

他の地域と異なるのは、オール宮崎で一丸となって、PRしていこうという姿勢ではないでしょうか。


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。