オカダタクヤ


地域コーディネーター

仕事を作っている若者が増えている

20160906-dsc_0091

月刊ソトコト編集長の指出一正さんの講演では、全国各地の事例をもとに、今「地方で働く」に何が起こっているのか、何が求められているのかが深掘りされていきます。

実はいま、仕事を作っている若者が増えています。

行政などが仕事を用意しているところもありますが、今は起業するには良いタイミングだと思います。

「地方で起業」言うと、どうしても難しいイメージが湧いてきますが、指出さんはそんなことはないと言います。

失敗するようなことはないんじゃないかっていうくらいに、困らないと思います。

仕事が多すぎて困るというのが、地方ではないでしょうか。

アイデア次第でどうにでもなるんです。

アイデアを出すことを訓練した方が良い時代ともいえます

ローカルベンチャーの活躍

20160906-dsc_0129

岡山県西粟倉から提唱されているローカルベンチャーという言葉があります。

地域に根ざしたビジネスを仕掛ける会社などを指す言葉です。

日本各地で、その活躍は目立ってきています。

地方から、大企業のような大きな魚に対抗するには、小さな魚で大きいシルエットを作るしかありません。

既存の産業を違う視点で見る人が増えて、色々な産業を作っていくことが面白いと思われる時代になっていると思います


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、info@ande-ande.net までご連絡ください。