コーヒーが好きな県民は!? 喫茶店の数が多い都道府県は東京VS大阪どっち

shutterstock_337500677

10月1日は「コーヒーの日」。日本人が1週間に消費するコーヒー量は平均で11杯ほどという結果があるそうです。今回はコーヒーと喫茶店ついてまとめてみました。

日本人のコーヒー消費量は多い? 少ない!?

全日本コーヒー協会がまとめた統計 (2014年度) によると、日本人が1年間で消費したコーヒー豆の量は1人あたり約3.5キロ。

他国と比較してみると、EU全体では約5キロ、アメリカでは約4.5キロ、コーヒー豆の輸出国・ブラジルでは約6キロという結果に。日本人と同じくお茶好きなイギリスは約2.7キロ※という結果になっていました。
※2013年度

日本国内でのコーヒー豆消費量は、1996年から約10年の間にで10万トンの増加。1人あたりの消費量も年々増えていることから日本人のコーヒー好きは進行しているようです。
出典:全日本コーヒー協会 統計資料 世界国別消費量

ABOUTこの記事をかいた人

まちづくりGIFT

「地域ビジネスで、世界を変える」を使命に、全国で人財育成を通して、地域ビジネス創出事業を展開。ガイアの夜明け、NHK特集、日経新聞他メディア掲載多数。プロジェクトの詳細、講演、ワークショップなどのお問い合わせは、Webサイトからご連絡ください。