歴史や伝統のあるまちを未来へ残す「歴史まちづくり法」。認定都市が多い都道府県はどこ?

MACHI LOG 編集部


MACHI LOG staff

shutterstock_429060613

10月3日に静岡県三島市、新潟県村上市、和歌山県広川町の3市町の「歴史的風致維持向上計画」が国から認定を受けます。歴史や伝統のあるまちを未来へと残すための「歴史まちづくり法」と認定都市についてまとめてみました。

平成20年に施行。「歴史まちづくり法」

「歴史まちづくり法」とは、歴史上の価値が高い城や神社、仏閣などのある風景、そしてそこにある歴史や伝統を反映した人々の生活を維持、向上させて未来へ継承する取組みを支援するために制定されたもの。

自治体が策定する計画は「歴史的風致維持向上計画」と呼ばれ、これを国が認定することで認定都市となります。

認定されると関連事業で最大5割の補助を受けられるそうです。
参照元:中日新聞2016年10月3日の記事


PR for 茨城県北ビジネスプランコンペティション
賞金総額500万円。県北地域を元気にする新たなビジネスプランを募集中!

最大1000万円! 月刊ソトコトの表紙にもなった人気地域で、新事業の6創業メンバーを募集!

 

ソーシャルビジネスをはじめたい仲間募集
宮崎県新富町に拠点を構える「こゆ財団」が、地域課題を解決するソーシャルビジネスの担い手を募集しています。新たに創設する6事業を担う人財を全国から募ります。

地域を変えるソーシャルビジネスを生み出すために大切な3つのこと

2017.12.04

公務員、家(空き)を買う。街をリノベーションする大分佐伯の公務員がイカしてやがる!

2017.11.30

今日からできる「マーケティングに大切な1つのこと」。日向ドラゴンアカデミーレポート

2017.11.24